ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.04.15 Thursday

もやしは日本産?で、あってる?

スーパーに行って野菜を買おうとしたら、すご〜く高くって。
日照不足だからしょうがないけど、野菜好きな私としては切なく。
そんな時には、家計の救世主もやしちゃん
案外栄養もちゃんとあるんですよ。

で、料理をしながら裏面を見ると・・・

原材料:緑豆(中国)

そ、そうなんだ。
豆は中国からやってくるの始めて知りました。
へぇ〜裏面って見たことなかったみたい。
ほぼ、原料は中国にたよっているとのこと。
丸い部分は中国産
伸びた白いとことは日本産てことね。
ちょっと不思議な気分で食すのでした。


2010.04.12 Monday

チキンカレー

昨日はあんなに暖かかったのに、本日は花ちらしの寒い雨模様。
そんな夜にはショウガや香辛料たっぷり入ったカレーを作ってみました。
入れた材料 忘れちゃうのでブログにメモ
もっと辛くてもよかったかも。今度の課題にします。







チキンカレー
○材料
タマネギ 3個
鶏もも 560g
塩小さじ 2杯
ホールトマト 1缶
サラダ油 適量(タマネギ炒める用)
おろしたニンニク 大さじ3
おろしたしょうが 大さじ5
コリアンダー(粉末) 大さじ4
ターメリック(粉末) 大さじ2
チリペッパー 大さじ1.5(カイエンペッパーがなかったので)
ガラムマサラ 小さじ1
クミンパウダー 大さじ1
ヨーグルト 50cc
バター 20g


2010.04.02 Friday

TARTUFI OIL で、あたまクラクラ



ある料理が作りたくて、初めてトリュフオイルを買った。

『高品質なトリュフの産地として知られるウンブリア州産の白トリュフを
 EXVオリーブオイルに漬け込み、オイルに香りを移したもので、
 手軽に素晴らしいトリュフの香りをお楽しみいただけます。


との、こと。

ククッっと、小瓶を開けると、パァ〜っとトリュフのいい香りが広がるのでした。
またたびを与えられた猫のように、頭がやられる。
「これで、チーズオムレツ食べたい・・・」

違う!!その料理用ではない。
しょぼんとして、ふたを閉め、香りを封印したのでした。

2010.03.29 Monday

珈琲豆は生きている

 珈琲 入れる

珈琲豆が切れたので、近所の“橋倉ビーンズ珈琲”という、自家焙煎の珈琲豆屋に初めて買いに行った。
ずっと気になってはいたけど、行きそびれていたってやつで。

豆の入った大瓶が並ぶ店内には、かわいらしい年配のご夫婦がいらっしゃいました。
『ミルクを入れて美味しく飲めるものを』とのオーダーに、
本日焙煎した深入りのジャーマンブレンドを勧めてくれました。
色々と気を使ってくれる、かわいらしいご夫婦のお店だったので、
幸せ気分で気分よく帰宅。

早速、いれてみることにしました。
今日は豆の味がダイレクトに伝わる、フレンチプレス式。
引いた豆を入れた容器にお湯を半分注ぐと・・あらたいへん。
ワッ〜、ぷくぷくぷく。
勢いよく、ふくれはじめました。
あ、凄い勢いで呼吸している。
あ、溢れる・・大丈夫か?
ぎりぎりのところで、溢れ出さなかったが、危なかった。


珈琲のお味はといいますと、変な油分がなくクリアなすっきり感、そして優しい味がしました。
2010.03.20 Saturday

里芋のニョッキ

里芋のニョッキ

数ヶ月前に実家からもらってきた里芋。
実は里芋そんなに好き好んで食べたい食材じゃなくて、
春だからなのか、芽がニョキっとしてきた模様。
何か作らねば・・・
しかし、あまり里芋の煮物も好きじゃないし。
色々とネット検索。
Eレシピから“里芋のニョッキ”を作る事にしました。

里芋をマッシュしてみたら、パサパサ感があったので、
勝手に卵黄を加えました。
やっぱり、里芋の味だね。(当たり前か・・・)
ソースはホワイトソースにユズの皮をかけて。
このユズがないと、あるとでは大違い。
ぬるい味を引き締めてくれました。


「本日の献立」
●里芋のニョッキ
●サラダ小松菜のホットアンチョビドレッシング
●トマトスープ

お腹いっぱい


余ったニョッキは形成してから冷凍保存できます。
凍ったまま、お湯で茹でれば美味しくいただけます。
ちなみに、ゆずも刻んで冷凍しておけば、
そのまま使えますよ。
Powered by
30days Album