ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.05.05 Thursday

今年の美味しいベランダガーデニング

新緑の眩しいこの季節。
店頭には色々な苗も出回り。
新しくベランダガーデニングをいじるには絶好の季節です。

まずは、テラコッタの長鉢に植わっていた3種のクローバーのうち2種は、
そして去年挿し木で増やしたアイビーを混ぜてハンギングに移動。
クロバツメクサはとりあえず別の鉢へ。
ベランダガーデニング ハンギング
▲左はティントヴェール(クローバー)右はカトレアクローバー
 両方ともアイビーを足してあります。








ベランダガーデニング ハーブ
▲今年ハーブはこんな種類を揃えました。
 コモンセージ(新株)
 コモンタイム(新株)
 ディル(新株)
 バジル(新株)
 シソ(新株)
 イタリアンパセリ
 ローズマリー


ベランダガーデニング ミニトマト
▲100円で安かったのと、
もう実が成っていたのでミニトマト(一口トマト)を
衝動買いしてしまいました。

まずは、梅雨。
梅雨があけたら、虫との戦いに備えたいと思います。
あ、その前に来週は緑のカーテン作ります。
2011.05.02 Monday

鎌倉でゆるゆる散歩 bills(ビルズ) & 報国寺

ゴールデンウィークの中休みの5月2日。
天気もいいので、友達と鎌倉ゆるゆる散歩に行ってきました。

なぜゆるゆるとは・・
とりあえず鎌倉へ
七里ガ浜のbillsで朝ご飯かな?
このぐらいのことしか決めず、行くのでした。

初めてのbills、行ったら並んでなかったけど、
2時間待ちの11時に来てくださいとのこと。
まあ、おなかも空いていなかったので、
海見たり、江ノ電で鎌倉駅へ行って、鶴岡八幡宮の源氏池あたりでだらだらして。
さあ、billsへ戻りますか。

そんなこんなでbillsでやっとご飯です。

私は【世界一の朝食】と称された「リコッタパンケーキ」や
「オーガニックスクランブルエッグ」ではなく、
「自家製グラブラックスとフレッシュチーズのオープンサンド」を注文。
はっきり言って、「流行ものでしょ。」って侮っていたのですが、
「美味しい」。
グラブラックス(サーモンのマリネっぽいもの)とチーズ、
そしてクレソンにルッコラが絶妙に美味しい。
グレープフルーツがマリネしてあるのだが、
その優しい酸味もいい感じでいた。

友達は「リコッタパンケーキ」を注文したので、ちょっと頂きました。
ふかふかのパンケーキにメイプルシロップとバターがしみて美味しい。
バナナが添え物って感じです。
海沿いで眺めも良く、まったり幸せな時間が過ごせました。

七里ヶ浜 bills ビルズ




七里ヶ浜 bills ビルズ



そして竹に癒されに報国寺へ移動。
混んでいましたが、境内の竹林に入れば
いい空気です。
その竹を眺めながらお茶を一服。
「ふぅ」
ぼっと、長い時間を過ごしてしまいました。
ゴールデンウィークで混雑していましたが、
周りには影響されない、急がない散歩はいいもです。


2011.04.26 Tuesday

春になれば・・・・ベランダガーデニングでは

自宅の小さなベランダで小さなガーデニングをしている。
一年草のハーブが多く、冬を年超す植物が少なめの私のベランダガーデニング。
残っているものは、イタリアンパセリとローズマリーぐらいなものでしょうか。

ローズマリーの花
▲昨年夏は忙しさのあまり、水切れを何度もおこしてしまった
 ローズマリーでしたが、紫のかわいい花を咲かせてくれました。


あと、2月末に撮影で使用したクローバーはすくすくと発育中です。



子どものトカゲ
▲アイビーの手入れをしていると、かわいらしい訪問者発見。
 トカゲの子どもかしら?
 全長5センチぐらいで、頭でかいこの子。
 春になると、色々と生まれ、新しくなるなぁ。

ベランダガーデニングで、
今年は何を植えるか、現在構想中。
GWあたりに、作業を始めたいと思います。
楽しみ。さあ、どうしようかなぁ。
2011.02.13 Sunday

2011年のご挨拶



もう2011年に入り一ヶ月と半月になります。
最後にブログを更新して、だいぶ経ってしまいました。
自分の頭がぐるぐるしすぎてやる気が出ず、
頭がまとまってきた最近、やっと重い腰をあげることができました。

2010年を振り返って、色々有りすぎて去年のことなのに遠い昔にさえおもってしまう程です。
何をしようが、「やっぱり、私は生きている」のです。

日本人は世間のスタンダードかどうかを気にしていると感じる機会が多くあります。
世間のスピートにのりながら仕事をこなす。
世間の尺度と自分を照らし合わせて、自分が間違わないように
そして、そう生きることに安心する。
しかし、そこからはみ出した人がその場所に戻りたいと思っても
なかなか戻れない社会だなぁっと思います。

私は思うのです。
何をしていてもいいのだと。
一生懸命世間にのる事も、そして止まることも、
考えることも、泣く事も、笑う事も。

何をしていても、「自分の時間はここにある」
生まれながらにして、人は平等ではないけど、
今流れている時間は同じ速さなのだから、
そして、その人の生きる道はその人だけのものだから。

私は何があっても自分を見失なわずいきたいと思っています。
そして、大切な人の笑顔が少しでも見られたら、
それだけでいいのかも知れません。
自分がどうしたら自分の道に納得できるのか考える年にしたいと思っています。

これを見てくれた皆さんにも
多くの笑顔がもたらせられますように。

2011年 今年も宜しくお願い致します。

2010.05.09 Sunday

Blooming day (2)














Powered by
30days Album