ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< こんな遅くの晩酌に イワシの梅煮 | main | 作るということ(2) >>
2009.06.23 Tuesday

作るということ(1)

紫陽花

私は幼いころから、何か作るのが大好きで、
料理はもちろん、縫い物したり、編み物したり、
絵を描いたり、紙粘土で作ったり。
まあ、秘密基地も作りましたが・・・(笑)。


母は裁縫も教えてくれなかったし、編み物もできなかったし。
誰が教えてくれるわけでもなく、
小学校の時、急に編み物がしたくなって、
毛糸と編み棒。本を買って作ってみた。
まずはマフラー、そしてセーター。

中学校には独学でパターンを引いて、洋服を作ったり。

高校の時は学校から帰ってきて、朝までお菓子を焼いたり。

短大は服飾科だったし。
その後は洋服のデザイナー→グラフィックデザイナー
しかも、家系にはデザイナーはいないし。
誰かに影響を受けたとか、幼い記憶には一切無いし。

よくわからないけど、生まれながらにして、何か作るのが好きである。
というよりは、そういう性分なのかもしれないと、
最近は思う・・・・(2)へ、つづく
コメント
いいね。作りたいという欲求。すべての始まり、人間の証明だね。
作りたいというエモーションとパッション。

  • stimulis
  • 2009.06.24 Wednesday 04:16
>stimulis

そう、欲求です。
作るということが特別なことのように言う人もいますが、
そんなことないと思うんですよ。
ただの日常の中で自分でも気が付かないうちに、クリエイトしているものです。
何か作っていると、自分はここに生きてるなって感じますよね。
  • nakamiho
  • 2009.06.25 Thursday 09:31
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album